検索
  • 整体院みらい 小川

話題の「ライフスパン」を読んで

この本のテーマは、

“老化は病気である”と言う。


ニーチェ「ツァラトゥストラ…」が、

“神は死んだ”と言った本と同じ様な、

読まなくても結論が解ったような、

解らぬような・・・。


兎に角、テーマが気になり、

そして、老化しない生活方法まで

記載されているので読んでみました。


我々が普通思い描く肉体は、

放り投げた野球の玉が描く放物線の

様に、20代までは成長し、

あとは緩やかに下降線をたどる、

と考えます。つまり、ある時期から

加齢=老化(肉体の劣化)でした。


それが、これからは肉体が劣化せずに

加齢が可能になる。

歳はとるけど、肉体は衰えない。

更に、老化が原因で起こる様々な病も

今よりずっと起こり難くなる。


その方法は近い将来に実用化し、

100歳になっても元気に働いたり、

運動することが可能になるそうです。

従い、人生100年時代(本では120歳は

当たり前)は他人事ではありません。


これを読まれている方で、

私もそろそろ、

”人生の後退戦”(曽野綾子氏表現拝借)

だから、身の回りを片付けなければ。

などと考えているとしたら、


早急に、貴方のライフプランの

再考をお勧めします。


整体院みらいでは、

健康運動実践指導者私が、

今から、10年後の身体に

自己投資をお考えの方へ、

身体作りのサポートもしております。

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示