検索
  • 整体院みらい 小川

膝が伸びないと膝痛の原因になる

膝痛を感じている方にお聞きします。

自分の膝をまっすぐ伸ばすことが

出来ていますか?

確認の方法は、床に膝を伸ばし座り、

膝の裏と床面がくっ付いているか否か

自分の指を差し込むだけ。

指が膝裏と床面の間に入る様なら、

膝が伸び切っていません。もし、指が

膝裏と床面の間に入るのなら、

指が縦に何本入りますか?それから、

左右で隙間高に違いは有りますか?


膝がまっすぐ伸びないと、

どの様な弊害が生じるでしょうか?


下のイラストをご覧下さい。

膝が完全に伸びないと、他の関節も

曲がってしまいます。そうしないと

前後のバランスが維持できずに倒れて

しまうからです。

そして、自分の体重を骨に自然に

載せる事が出来ないので、全身の

筋肉に余計な負担を強いて、筋肉は

次第に強張って来ます。


この筋肉の強張りによって膝の痛みは

増強します。また、人により膝以外の

場所も痛みを発生します。

この様な事により、膝の曲がりと

膝の痛みは関連しているし、

膝は伸ばさなければいけない必要性を

お解り頂けたでしょうか。


膝伸ばしの重要性を理解していて、

ご自身で膝の上から膝を伸ばすべく

手のひらでグイグイ押している方も

居るかと思います。


ここでは、別な方法をご紹介します。

膝が伸びない原因の一つに、

膝裏筋肉の癒着が有ります。

宜しければ動画をご用意しましたので

ご覧ください。

又は以降の文章をお読みください。

膝の後面では、太ももの筋肉と

ふくらはぎの筋肉が交差しています。

どの様に交差しているかご説明します。


膝の後面には、大きく分けて2種類の

筋肉が有ります。太ももの筋肉と

ふくらはぎの筋肉です。

太ももの筋肉は膝の手前で内外側の

二手に別れ、膝関節の下に付着し。

ふくらはぎの筋肉も内外に別れて、

膝関節をまたいで付着しています。


写真は、膝裏筋肉の模型です。

中央の黒線は膝が折れ曲がる所です。

黄色と緑色が筋肉です。

黄色は太ももの筋肉で、

緑色はふくらはぎの筋肉です。

この2つの筋肉は膝の関節をまたいで

走行し、関節部分で

それぞれ重なっています。

この膝裏で重なっている部分で

癒着(の部分)が起こり、膝が

完全に伸びない原因になっています。

ここでは、この癒着部分を引き離す

方法をお伝えします。


ここでは、

左膝の場合を解説していきます。


1. 膝を少し曲げて床に座ります。

2. 次に両手で、「内上の筋肉」と

「内下の筋肉」に指を引っ掛けます。

右手の指を、左右の足の間から、

太ももの後ろ側で膝関節近くに

差し込み、指先に筋肉のスジを

引っ掛けます。(下の写真黄色部分)

左側の手は外からふくらはぎと

床の間を通し、膝裏緑色の

ふくらはぎを引っ掛けます。


3. 両手を引き離す方向へ

引っ張りながら、膝の曲げ伸ばしを

トントンと30秒から1分位行います。




強く引っ張らなくても大丈夫です

が、終始引き離しの力を緩めず、

筋肉を逃がさない様にして下さい。

癒着が起きやすいのは

膝の内側ですが、

外側も行ってみて下さい。


整体院みらいでは、膝の悩みや、

腰・肩の痛みやコリ感から、

予防運動・介護予防まで健康維持

の方法をマンツーマンでお伝え

しております。

詳しく知りたい、疑問、相談等

お気軽にご連絡ください。








12回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示